騒音寺の“Ooh Yeah!!”な・・・

吠える!唸る!喚く!京都が誇る当代最強のライブバンド・騒音寺の旅日誌!ツアーに次ぐツアー、バカ丸出しの打ち上げ、真剣な表情のレコーディングに退屈至極な移動日!終わりなきR&Rライフをチェックよろしくデス!!

2013年09月

image

岡山、燃えました。熱いお店。熱い共演者。熱いお客さん。正直、お客さんの数はまだまだですが、この先、もっと盛り上がっていくのでは的な未来が見える岡山デスペラード公演となった騒音寺。来春には再訪したいと考えてます。。。そして明日の土曜日はOFF。のんびり移動で小倉に入り、呑む、呑む、食うの自由行動。初九州となるもとのすけにリアルな九州のラーメン食わせたいオレです。。。そしてそして日曜日は高澄山T-JAM。シナロケ、横道坊主・・・精鋭陣が揃いました。これまたメチャ愉しみです。。。しかし岡山の居酒屋「N屋」は最高でした。正直、人生でお世話になってきた日本各地の居酒屋の中でも、ぶっちぎりトップクラス・・・っていうかトップ。王様。最高です。その店行く為に岡山へ旅行したい位気に入りました。岡山、マジ最高デス!!!

image

8/30 名古屋TOKUZOでの騒音寺ライブの音源を配信中。
遠方の方、今日どうしてもこれなかった方などなどこちらのリアルタイムミックス、高音質音源でお楽しみください。2曲は無料で聴けます。

#sokureko
http://t.co/C9lIRguvtk

こちらの詳細は、TOKUZOのHPを見ててね( ´∀`)つ



※今回の内容とは関係ないのですが、写真は、先日磔磔でご一緒させていただきましたシーナ&ザ・ロケッツの皆さんとの終演後の1枚です。今度は、来週末の小倉高塔山で再びご一緒させていただきます。

044cd6cc.jpg
明日より騒音寺は青森、秋田と東北ツアー。(明日はライブはないが岩手県まで移動、移動も立派な仕事である)そしてその翌週は、岡山、北九州高塔山へ。

バンドワゴンに揺られ東へ西へ(ここに北へ、東へを入れたらN渕剛になるのでやめておきます(笑))

岡山を除けばベスト盤リリースツアーの時には行けなかった場所。共演者も先輩、後輩、同世代と実に多様かつ豪華。遅ればせながらだが各地の皆、よろしく!

写真はこの夏の貴重な経験の一コマ。


9月13日(金) 青森 サンシャイン
『夏の魔物前夜祭 × ダイノジpresentsジャイアンナイト』
w:THE NEATBEATS/BiS/DJ.ダイノジ
OPEN 18:30/START 19:00
前3000円当3500円
*夏の魔物本祭チケット持参の方は+ワンドリンクサービス
問)サンシャイン:017-729-4010

★9月15日(日) 秋田 Club SWINDLE
w:ブラインドミウラストレンジャー/恋をしようよジェニーズ/gyro-captain/ザ・ヘルシーバルカンズ
OPEN 16:30/START 17:00
前2500円当2500円
Lコード:23987/e+/Club SWINDLE
問)Club SWINDLE:018-865-7150

★9月20日(金) 岡山 DESPERADO
w:羅生門ズ/水色赤/ほか
OPEN 19:00/START 19:30
問)DESPERADO:086-225-5044

★9月22日(日) 高塔山ジャム 2013 "T-Jam Kappa- Rock Fes."
w:SHEENA&THE ROKKETS/横道坊主/DeeDeeFever + 百々和宏/ほか
OPEN 11:00/START 11:30
前3500円当4000円
高塔山ジャム実行委員会/Pコード:210-100/Lコード:89177
問)高塔山ジャム実行委員会(小倉駅前T-Jam Cafe&Beer内):093-531-0134

オトダマ今年も終了しました!
こんなにも人間味溢れる素晴らしいフェス…最高ですね。

我々騒音寺もぶちかましました。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、オトダマのセッチューフリーテントはある意味、僕らにとっては分岐点ともいえる場所です。
去年、この場所から新しい騒音寺は始まりました。

当時はあまりに突然のことで、応援していただいてる皆さんや、関係者の方々を驚かしてしまいました。


それから1年を経て、今年は皆さんに戸惑いや悲しみを抱かせることはなく、楽しんでもらい笑顔だけを見ることができたと(勝手に)思っています。
借りは返したぜ!

そして去年はそんなこともあり、(個人的にはすべらない話なんかもあり)バタバタして、ゆっくり他の出演者も見れなかったんですが、今年はいろいろ見れて、もうやっぱり素晴らしいアクトばかり…

夏の終わりに最高の思い出っすね!

画像はセッチューフリーテントで熱演!大木兄弟!
DSC_0145

このページのトップヘ